住んでいる家を手放すかもしれない相続税の恐怖

そもそも相続をするときに相続税を払わなければならないのはなぜなのかと考えます。
さらに今までの金額よりも控除額が減額され、普通に家に住んでいるというだけで土地と家がなくなった人の名義であれば相続税がかかってくるようになってしまったのです。我が家もそうなるかもしれない家の一つです。これから自分も生活をしていかなくてはならないし、余分なお金などないはずなのに、今まで住んできた家に住むために相続税を払わなければならない。相続税を払えなければ持ち家を売ってお金を支払い、自分は他の場所へと引っ越しをしなくてはならないことになるでしょう。家がある以上、自分が住むには広さは半分で良かったとしても、家を半分に切って売却してお金にするなどということはできません。相続税を支払うために私のようにもしもの時に住み慣れた家を離れ、売却し、どこかでひっそりと暮らさなくてはならない人が今後増えてくるのだろうと思います。今まで頑張って手に入れたマイホームもこういう形で手放すことになるのかと想像するだけで恐怖です。先祖代々財産、資産を継承していくことが悪いことなのでしょうか。庶民にまで相続税を払わせる前にもっと他にするべき措置を考えてほしかったと思います。

 


出典元:相続相談センター